WindowsとMacはどっちを選ぶべき?

2022年4月28日

『パソコンって結局何がいいの?』『そういやWindowsとMacがあるけどよく違いが分からない…』という方に向け簡単に違いをご紹介します!





WindowsとMacの違い


①OSの違い


まず、OSとは何か。OSとは、システム全体を管理し、パソコンを動かすために必要な基本的なソフトウェアのことを言います。


Windowsはマイクロソフト社。MacはApple社でiPhoneなどが有名な会社。


Windowsの主な特徴としては、ビジネスや家庭向けにとても使いやすい仕組み、Macは直感的、視覚的な操作性、文字フォントや図の美しさ、Macパソコンの筐体の美しさなどが重視されつくられています。







②製造の違い


Windowsと一括りにすると少し大きい括りになります。もう少しかみ砕くと『中身はWindowsで外側は他の会社の製品』というイメージを持っていただければと思います。

家電屋に行くと分かりやすいのですが、Windows製品には「sony」「NEC」「ASUS」など多くの企業の名前と共に販売してあります。


・パソコン自体を動かすソフトウェア(OS)はWindows

・パソコンの形や見た目を作っているのが他企業


といったように多くの企業がかかわって販売しているケースがほとんどです。




Macに関してはイメージとしてソフトウェア(OS)から外側までAppleが一貫して販売しているイメージになります。

細かく説明となるともう少し複雑になっているのですが、大雑把に説明すると上記のようなイメージです。







③動作ソフト(使えるソフト)の違い


パソコンで使用できるソフトにも違いが出てきます。


基本的に使用できるソフトの多さではWindowsに軍配が挙がります。

パソコンのソフトというとピンキリで、数多くの商品がありますがWindowsで動く物、Macで動く物と差が出てきます。


『パソコンでゲームがしたい!』という方には圧倒的にWindowsをオススメします。Macでは起動しない製品が数多く存在しています。






④料金の違い


WindowsとMacで製品数の数が違う分、料金にも違いが出てきます。


Windowsに関しては各社にて多くの製品がある為、料金体系もピンキリです。

初めてパソコンを買いたい…という方に優しい物から、もっと良いパソコンが欲しい…という方向けの高い製品まで幅広く揃っています。


Macに関しては大きく分けると、ノートパソコンかデスクトップの2種類に分かれ、どちらともApple製品としてWindowsほど数は多くない物になります。

料金としても10万円を超えるものが基本であり、初めて購入する方にとっては少し手が出しづらいかもしれません。






以上の違いを踏まえると、『Windowsの方がいいのでは?』と思われるかもしれませんが、Macに関しても良い点は多くあります。

ディスプレイ(画質)の良さであったり、iPhoneとの連携に特化している点、多くの利点が存在します。


ご自身が普段使うデバイスの違いによってどのパソコンを買うか、そういった決め方もありですね!