話題のiOS16!新機能をご紹介!パート1

2022年10月3日

iPhone14シリーズの発売により新しいバージョンiOS16が公開されました! iOS16では、ロック画面がカスタマイズできたり、写真の切り抜きができたり、共有機能の強化が注目されおり、

他にもどのような最新機能があるのか、使い方など気になりますよね。

最新「iOS16」の新機能、対応機種について解説していきます。

iOS16対応機種

  • iPhone 14 / 14 Plus / 14 Pro / 14 Pro Max

  • iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max

  • iPhone 12 / 12 mini / 12Pro / 12 Pro Max

  • iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max

  • iPhone XS / XS Max / XR

  • iPhone X

  • iPhone 8 / 8 Plus

  • iPhone SE(第2世代以降)

iOS16はiPhone8以降が対応機種であり、iPhone8より前の機種は対象外となりました。

iOS15では、iPhone7/iPhone6s/6sPlus/iPhone SE(第一世代)の利用も可能となっていたので大きな違いです。 iPhone14シリーズを購入した場合は、既にiOS16の状態になっているのでアップデートは不要です。

iOS16の新機能
  • ロック画面のカスタマイズが自由

  • アルバムに重複項目・写真切り抜き新機能

  • メッセージ送信後の修正・取り消し・復元可能

  • メール検索機能強化・送信予約機能を追加

  • パスワードが不要

  • Siri サードパーティのアプリでも操作可能

  • 音声入力 句読点や絵文字に対応

  • マップ 複数の経由地・交通機関運賃・交通系ICカードの確認可能

など多くの新機能が追加されました。

iOS16の新機能をそれぞれ見ていきましょう。

ロック画面のカスタマイズが自由

iOS16ではロック画面を自由にカスタマイズすることができます。

フォントスタイルの変更や、ウィジェットの情報を一目で確認することが可能です。

ポイント

  • 通知はロック画面の下部に表示され、通知の表示もカスタムできる

  • ロック画面上に天気、カレンダー、日付、時間帯、アラーム、バッテリー残量、アクティビティリングなどが追加

  • フォントスタイルの変更

また、複数のロック画面を作成でき、画面切り替えも簡単です。

アルバムに重複項目・写真切り抜き新機能

iOS16では、背景からの対象物を切り抜きできるようになりました。

ポイント

  • 画像から簡単に対象物を切り抜きできる

  • 背景を削除して対象物だけにすることができる

  • 写真アプリ、スクリーンショット、クイックルック、Safariにも利用可能


今回はiOS16新機能から「ロック画面のカスタマイズ」と「写真切り抜き」についてご紹介いたしました! 次回は「メッセージ送信後の修正・取り消し・復元可能」「メール検索機能強化・送信予約機能を追加」「パスワードが不要」の3点をご紹介いたします!