マンガ広告の効果とは?

2022年4月18日

マンガ広告って何?


文字通り漫画を使用した、マーケティング活動の一環として広告を行うことです。 企業やブランドアピール、商品紹介などのシーンで活用され、Webサイトをはじめ最近ではYouTubeなどの動画メディア上でも漫画広告を採用する企業が増えてきている傾向にあります。


参考例として以下のような、製品紹介にマンガを使用したケースがあります。




マンガ広告の効果とは?


マンガ広告の効果を挙げるとすると主に3つの効果が挙げられます。



①目に留まりやすい

そもそも広告は目に留めてもらえなければ、意味を成しません。

広告は、まず目に留めてもらうことが何よりも重要になります。


その「目に留める」という点で効果的なのが「マンガ」です。

インターネット上で写真を使った広告が一般的の中、マンガがあると思わず目が留まる、人の目は周りと「違うもの」に留まりやすくなります。


見る人にまずは「認識してもらう」そこから始まる広告にとっては、マンガは非常に有効な手段となりつつあります。




②読むハードルが下がる

次に考えるべき事は、「広告は目に留まっても、広告自体を読んでもらえなければ、意味が無い」という点です。


マンガ=広告というイメージよりも、マンガ=娯楽というイメージの方が圧倒的に強いため

広告の文章は読まないという人でも、マンガであれば思わず読んでしまうことに繋がります。


文章や写真のみの広告が多い中、他と違った印象をあたえつつ、比較的親しみの深いマンガに関しては一般的な広告よりも読んで貰いやすいといった特徴があります。




③分かりやすく伝える事が出来る

広告に目を留めたあと、読んでもらい、内容が伝わることで広告効果が高まります。

マンガは内容が「分かりやすく伝わる」という効果もあります。


『ストーリーである事で読みやすい』

『登場人物を相手に合わせる事で読み手が感情移入しやすい』

『マンガという絵で表現することでイメージがしやすい』


マンガは難しい内容を分かりやすく伝えるツールとしてより効果的な側面を持っています。


例えどんなに素晴らしいことが文章で書かれていても、読んでもらい、内容が伝わらなければ結果には繋がりません。



上記のような効果をもたらす『マンガ』が広告に使われている理由が良く分かります。

皆さんも一度『マンガ広告』に手を差し伸べてみてはいかがでしょう?