ホームページ制作に必要? SEOとは?

2022年10月10日

SEOとは?


概要

SEOとは、Search Engine Optimization(サーチ エンジン オプティマイゼーション)の頭文字を取った言葉です。

ホームページを「検索ユーザーが求めている情報が便利に掲載されている状態」に最適化することで、特定キーワードの検索結果上位に表示するためのマーケティング施策を行うことを言います。


SEOの正式な読みは「エス・イー・オー」ですが、同じ意味の言葉として、「検索エンジン最適化」、ウェブポジショニング、Google上位表示、検索上位表示、セオ、なども使われることがあります。



何のためにSEOがあるの?

このSEO施策によって、検索エンジンが誤解なく簡単に、かつ、適切に情報を読み取りできるようにして、必要な情報を必要なユーザーに届けるための最適化を行うことが理想です。


SEOを行うことによって、検索ユーザーは、目的の情報がより目立つ場所、例えば「検索結果の上位」「グーグルマップの検索結果の上位」「強調スニペット」「採用情報リスティングの上位」など、各検索結果の上位に表示されることによって、情報を得やすくなります。


Googleで検索していると、こんな画面を見たことはありませんか?






これもGoogleのAIが「これは求人情報が掲載されているページだ」と上手く認識ができたものを、様々な要因から優先順位を決定し表示しているものの一種です。


そのため、企業や団体がマーケティング上の優位性を競ってSEOを行い、検索結果の上位や、目立つ場所に表示されることを目指しています。



何を基準にしているの?


Googleでは、以下のような品質に対するガイトドラインを公開しています。


参照元:Googlewebmaster Central Blog 高品質のサイトを構築するためのガイダンス



また、以下のようなユーザーファーストの理念に沿って、アルゴリズム開発を行っていると考えられます。


Googleが掲げる10の事実


1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

3. 遅いより速いほうがいい。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。

5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。

8. 情報のニーズはすべての国境を越える。

9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。

10. 「すばらしい」では足りない。


参照元/リンク先:Googleが掲げる10の事実